ドンと来い速報

5chの面白くだらない記事を集めています。辛い事も多い現代社会、是非ドン速でおくつろぎください

人気記事

    本日の注目ニュース

    本日の注目ニュース

    カテゴリ:
    タグ:
    YUKA160421000I9A2697_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 00:13:46.63 ID:KQolSTMe0.net
    貼っていこうや

    参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1474902826/

    カテゴリ:
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/20(木)00:54:19 ID:BYQ
    1(右) 水口美香
    no title

    2(二) 樋口清香
    no title

    3(中) 高宮まり
    no title

    4(一) 東城りお
    no title

    5(三) 菅原千瑛
    no title

    6(捕) 杉村えみ
    no title

    7(左) 二階堂亜樹
    no title

    8(遊) 大崎初音
    no title

    9(投) 茅森早香
    no title


    参照元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1476892459/l50

    カテゴリ:
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 20:43:56.93 ID:Ior6x+Ue0
    http://www.j-cast.com/2016/10/17280983.html?p=all

    岡山空港で売っていたお菓子の強烈な名前がツイッター上で取り上げられ、次々に売れ切れる人気になっている。

    「これはあかんやろ」。ある男性がツイッターで2016年9月24日、画像をアップしてこうつぶやいたことがきっかけだ。

    「生グレープフルーツソフトクリーム味」

    画像を見ると、「生グソ」という看板の文字が目に飛び込んでくる。看板には、ソフトクリーム様のデザートを擬人化した絵が描かれていた。

    空港のお土産ショップで売られていたようで、「生グレープフルーツソフトクリーム味」と紹介されており、略して、「生グソ味」と称している。ルビーグレープフルーツを使用したことで、「生グソ感が大幅アップ」ともPRしていた。

    インパクトがあるだけに、先の男性のつぶやきは1万件以上もリツイートされた。Jタウンネットでも30日に取り上げて、さらに話題になっている。

    「うん、このセンスは酷い」「くっそうまそう」などとネタにする向きが相次ぎ、あるユーザーからは「秋田にもあるよ~」との情報が寄せられた。

    実は、このお菓子は、秋田市内で人気のかき氷の味を再現したという饅頭形のスイーツだ。

    岡山市内の製造元が「ももたん」シリーズの1つとして販売しており、グレープフルーツ入りのミルク白あんをソフトクリーム味のケーキで包んである。岡山空港では、4個入りで540円(税込)で売っていた。

    秋田のかき氷も「生グソ」の名前で夏期に売っている。販売元「広栄堂」によると、生グレープフルーツの果汁を入れソフトクリームを乗せたかき氷を注文で略して書いていたのが口コミで広がり、7年ほど前から「生グソあります」と店頭にも掲げるようになったそうだ。
    「『食欲がなくなった』といった話は聞かない」

    その後、ネット上でも知られるようになり、岡山の製造元では、2年前から「生グソ味」のスイーツを始めた。15年8月には、スイーツをリニューアルし、「生グソ感」をアップしたとしていた。

    no title

    名前のインパクトが強く…(写真はプレスリリースから)

    参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1476877436/

    カテゴリ:
    タグ:
    JSK542_kanpaijyosei-thumb-autox1600-15389
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 01:28:06.77 ID:UhCSRrIb0.net
    レビュー:響21年 -生真面目な、日本人-

    グラスを鼻に近づけると、ナスとトウモロコシ。有機溶剤。雨をはじいたオーク材。
    群生した夏草に感じる香りの奥行きと清涼感。土。
    口に含めば、一瞬で溶ける飴。渋みを感じさせず、しかしバランスの取れた重量感。余韻は長く続く。
    柔らかいアプローチの中にすべてを徐々に明かしていく。
    前へ前へとグイグイとこないが、静かに「いつでもここにおいで。待っているよ」という貫禄。
    鉄、赤土、水、草。
    日本的な静かな主張とバランスの中に、フローラルを感じるウィスキー。


    すごくオールディーかつポエミーなワーディングだな


    参照元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1411662486/

    カテゴリ:
    タグ:
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/18(火) 15:03:32.88 ID:bAk52iU+M

    参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1476770612/