ドンと来い速報

5chの面白くだらない記事を集めています。辛い事も多い現代社会、是非ドン速でおくつろぎください

人気記事

    本日の注目ニュース

    本日の注目ニュース

    カテゴリ:
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 19:11:28.83
    no title

    no title

    no title
     
    http://www.toyo-rubber.co.jp/news/2016/161104_1.html

    大阪・なんば社会実験のイベントで「THE LION」を展示
     東洋ゴム工業株式会社は、南海なんば駅周辺道路空間の再編に向けた3日間の社会実験「なんばひろば改造計画」のイベントスペースにおいて、
    2016年11月11日(金)から13日(日)の間、当社製タイヤでできたライオン像「THE LION」を展示しますので、お知らせします。 

    参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1478945488/

    カテゴリ:
    タグ:
    YUKI_uwanensyuhikusugi15113032_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 18:12:59.017 ID:oFhvq2qv01111
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00010001-dmenueiga-movi&p=2
    以下ソースより引用

    H誌は、「宮崎駿の描く人間性や洞察力の深さには、まだまだ及ばない。
    主人公2人の物語は心に大きく響いてこない。
    それは恐らく、背景にある彼らの『家族からの独立性』が、
    彼らを抽象化してしまっているからだろう」とキャラクター描写の厚みの足りなさを指摘。

    また、特に日本の若年層に好まれたと言われる音楽の使い方に関しても、
    「RADWIMPSの楽曲が、時に煩わしいほど現代的で陳腐なビートを(作品に)与えている」と
    苦言を呈した。

    そして、V誌が「タイムトラベルの矛盾は説明がつかない」と述べるように、
    2誌そろって疑問符を付けたのが、
    アインシュタインや量子力学、超ひも理論や異次元理論からくる現代物理学を無視した
    「時間と空間の超え方」だった。
    H誌は批評の冒頭で、「矛盾をはらんだSFファンタジー。解釈については、
    ネット上でメインターゲットであるティーンの論争が起こりそう」と記している。

    SFファンの多い米国では科学的整合性へのこだわりが強い傾向があるものの、
    説明のつかないファンタジーが受け入れられないということもない。
    それでも『君の名は。』のある意味、日本文化的なファンタジー(時空の超え方)は
    アメリカ人に理解しにくい部分があるのかも知れない。

    参照元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1478855579/

    カテゴリ:
    タグ:
    saya0I9A4209072170656_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 19:36:21.292 ID:kiLcNW3V01111
    私が5年間働いた職場、仕事について思い返すと色々おかしかったなぁと思う事が沢山あったのでちょっと聞いて欲しいです。

    特別養護老人ホームで介護士として働いていた私に、実際にあったことです。

    ・職員が暴力や暴言、セクハラから全く守られていないことについて。

    利用者の方から「お前なんか介護士辞めちまえ」「死んで下さい」「バカ野郎」などの暴言
    靴を履いて頂こうと利用者の方の前にしゃがむと髪の毛を掴まれ頭を振り回される
    着替えて頂こうとボタンに手をかけるといきなりビンタが飛んでくる
    体位交換の際に噛み付かれる等、職員の体にはアザや引っ掻き傷等常にあったと思います。
    それでも職員はただ耐えるしかありません。
    認知症だから仕方ないと理解していても、突然殴られたり蹴られたりすると、反射で手が出そうになった事が何度もありました。
    もしこれが親子や兄弟、家族だったら確実に私は手を出してるなと思い、そして自分はそんな人間だったのかと絶望しました。

    参照元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1478860581/

    カテゴリ:
    タグ:
    20160718214759
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 14:27:41.57 ID:ywx2H0TC0 BE:637424891-2BP(2000)
    ポケモンGOを開発・運営するナイアンティック社といえば、現在も運営する前作 Ingress では、
    たびたび東北の復興支援イベントを実施してきました。

    Ingress大規模イベント Persepolis in Tohoku 開催、世界から4000人のエージェント集う。
    サプライズIngressで結婚

    ポケモンGOのレアポケモン出現による集客・誘導は、
    都内では大きな騒ぎになり安全上の懸念から当局に注意を
    受けるほどの効果がありました。

    今回はこの効果を、東北3県の沿岸部という新しいスケールで実施する取り組み。
    ご近所ならともかく、県外から どこまで人を引き寄せられるかが試されることになります。

    ただナイアンティック公式も「きっとPokemon GO以外でも素敵な発見がたくさんあると思います」とするように、ラプラスだけが目当てでなくとも、国内旅行のバーチャルな土産にレアポケモンが付くと考えれば観光の後押しにはなりそうです。

    ポケモンGOではポケモンごとに捕獲した日時と大まかな場所を記録しているため、
    旅行先で捕まえたポケモンは、
    地域限定でなくても末永く旅の思い出にもなります。

    http://japanese.engadget.com/2016/11/10/go-11-23/


    現在の状況↓
    no title
     
     参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1478842061

    カテゴリ:
    タグ:
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/04(金)08:58:03 ID:???
    学校帰りに寄り道した駄菓子屋  子どもの頃好きだった駄菓子は?

    (略)

     この調査は、ジュピターテレコム(J:COM)「インタラクTV」の投票機能を使って10月に実施したもので、
    945人から回答を得た。回答のトップは1979年発売のスナック菓子「うまい棒」で16%。
    うまい棒は、説明するまでもなく誰からも愛される国民的駄菓子だ。うまい棒をテーマにした関連書籍は2冊、
    うまい棒のキャラクターのアパレル商品やうまい棒専用スライサーの商品、ゲームアプリまで登場し
    「うまい棒愛」がうかがえる。また一昨年には販売価格を倍の20円にした「プレミアムうまい棒」
    (明太子味、モッツァレラチーズ&カマンベールチーズ味、わさびソースの和風ステーキ味)も発売。
    発売から30年以上続く「うまい棒」の進化が止まらないのだ。

     続いて「ふがし」12%、「都こんぶ」11%、「チョコバット」11%、「ソースせんべい」10%、
    「ココアシガレット」10%、「モロッコヨーグル」9%、「よっちゃんイカ」9%、「きなこ棒」7%、
    「サクランボ餅」 6%という結果になった。

    続き OVO
    http://ovo.kyodo.co.jp/ch/mame/a-908246


    参照元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478217483/#

    カテゴリ:
    タグ:
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 01:22:29.97 ID:uI+dpdgv0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
    敏感というべきか、過敏というべきか、それとも潔癖というべきか。ちょっとでも奇抜なCMが放送されると、一部の視聴者からクレームが寄せられるケースが増えている。

    ・クレームによって放送中止
    本気で怒っているのか、暇つぶしなのか、どにらちにせよクレームが寄せられたCMは放送中止となる場合がある。気にしない人が多くても、むしろ高評価を得ているCMでも、ほんの少しのクレームによって放送中止に追い込まれることがあるのだ。

    ・昭和時代は怖すぎるCMが多数存在
    昭和時代には、クレームなんて気にしない、ガッツリと攻めの姿勢で作られてきたCMが多数あった。それゆえ「トラウマになるほど怖すぎるCM」も多数作られていた。

    ・覚醒剤防止キャンペーンCM
    そこで今回、東京丸の内にいた帰宅中のサラリーマンたちに取材を実施。「トラウマになるほど怖すぎるCM」を聞いたところ、多数の人が「母親の横で子どもが泣く覚醒剤のCM」の名を挙げた。

    このCMは日本政府広報によるもので、覚醒剤防止キャンペーンとして1982年に放送されたもの。覚醒剤のせいで狂ってしまった母親の横で、恐怖心に包まれた子どもがひたすら泣き叫ぶのだ。

    ・クレームによって放送中止
    ひとりのサラリーマンは「いま放送したらクレーム殺到だろうな」と言っていたが、確かに怖すぎるのでクレームを出す視聴者がいてもおかしくないレベル。とはいえ、この怖さこそが覚醒剤撲滅に効果があったともいえるのではないだろうか。ちなみに、以下のようなことを言っていたサラリーマンもいた。

    「覚醒剤のCMで泣いてた幼児が本気で泣いてるように見えたんですよね。演技には見えない。本当に怖くて泣いていた気がします。演技だったのか、本当に泣いていたのか知りたいですね」

    http://buzz-plus.com/article/2016/11/08/cm-kowai/
    no title

    https://youtu.be/xDukfBx7qYo



    参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1478535749