pazudora
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/19(水) 18:08:04.75 ID:DqEpd8M5a

スマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」などで不当な広告表示をしていたとして、消費者庁は19日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに対し、景品表示法違反(優良誤認など)で再発防止を求める措置命令を出した。

また、スマホゲームの懸賞企画で同法違反(有利誤認)があったとして、グリーにも措置命令を行った。

パズドラは、パズルゲームを通じモンスターを育て、敵を倒すアプリ。ゲーム自体は無料だが、「ガチャ」と呼ばれる有料のくじを引くことで、より強いモンスターを入手できる。

消費者庁によると、ガンホーが昨年11月〜今年2月に配信したインターネット番組で、パズドラのプロデューサーが「11月に登場したガチャキャラが全部、究極進化する」などと発言。同様の表示もしていた。しかし、実際はゲームを有利に進められる「究極進化」するのは一部だけだったという。


また、ガンホーは「ディズニーマジックキングダムズ」で昨年10〜12月、キャラクターと「ジェム」という仮想通貨をセット販売する際、「別々に買うより断然お得!」と表示していたが、別に購入した方が安くなる場合があった。

一方、グリーは昨年12月〜今年1月の懸賞企画で、携帯電話用ウェブサイトに商品のデジタルカメラやゲーム機について、それぞれ「当選本数100本」と掲載。しかし、実際には5〜30本だった。



参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1500455284/
続きを読む