ドンと来い速報

5chの面白くだらない記事を集めています。辛い事も多い現代社会、是非ドン速でおくつろぎください

人気記事

    本日の注目ニュース

    本日の注目ニュース

    カテゴリ:
    1: フランケンシュタイナー(catv?)@\(^o^)/ 2016/08/06(土) 19:19:49.33 ID:ktSid2dT0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/8114876.gif
    PS4用ソフト「No Man's Sky」は8月25日発売予定。
    ストーリートレーラーなどが公開された。

    Hello Gamesによる宇宙探索サバイバルアドベンチャーゲームの日本版。
    1800京個以上の無数の惑星や宇宙空間を自由に探索できる壮大なゲームで、
    期待度の高い注目作だ。

    早期購入特典として「Alpha Vector Ship」がダウンロードできる
    プロダクトコードが用意される。

    PS4用惑星探索ADV「No Man's Sky」日本版ストーリートレーラー
    http://www.ota-suke.jp/news/173587
    https://www.youtube.com/watch?v=aBLZa4V-t80


    https://www.youtube.com/watch?v=pwX1RgHSwno


    https://www.youtube.com/watch?v=Y5HMpW0rr40


    no title

    no title

    no title


    参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470478789/

    カテゴリ:
    タグ:
    1: ニライカナイφ ★ 2016/08/05(金) 23:13:47.33 ID:CAP_USER9
    ◆やっぱり鳥って眠りながら飛んでたんだ。グンカンドリの調査によって
    その実態が初めて判明

    写真:脳が熟睡してても飛べる。
    no title


    これまで、ある種の鳥はものすごく長時間飛び続けるので、
    「飛びながら眠る能力」があるのではないかと考えられてきました。
    ただそれはあくまで推測に過ぎず、確証はなかったのですが、
    新たな実験でその証拠が確認されました。
    飛びながら眠れる鳥が、本当にいるんです。

    Nature Communicationsに発表された新たな論文で、
    マックス・プランク研究所のNiels Rattenborgさんたちは、その証拠を示しました。
    論文によると、ある種の鳥は脳の半分またはすべてをシャットダウンして
    眠るんだそうです。
    そしてその鳥たちはレム睡眠中、筋肉の緊張がなくても飛べるんです。

    ある種の鳥、たとえばアマツバメ、鳴禽類、シギ、海鳥などが、
    十分な睡眠を取っていないらしいことは研究者の間で知られていました。
    長い距離を飛ぶ鳥たちは数カ月間も眠らずに活動し続けることもあるので、
    脳の片側だけ眠る「半球睡眠」の能力があると考えられていたわけです。

    たとえばイルカは半球睡眠ができるので、眠っていても溺れずに済みます。
    つまり半球睡眠中は、休息しながらも周りの状況は把握し続けているんです。

    鳥の半球睡眠は、陸上にいるカモでは観察されたことがありましたが、
    飛行中に関してはあくまで推測に過ぎませんでした。
    そこでRattenborgさんたちは飛んでいる鳥の脳活動を記録して、
    レム睡眠や徐波睡眠といった睡眠状態が起こるかどうかを分析しました。

    解説図:no title


    Rattenborgさんたちはチューリッヒ大学やスイス連邦工科大学の研究者とともに、鳥の頭に付けて脳電図を記録し、頭の動きも監視できるデバイスを開発しました。
    実験対象には、ガラパゴス諸島に巣を持ち、獲物を探してときには何週間も
    ノンストップで飛び続けるグンカンドリが選ばれました。
    Rottenborgさんたちが開発したデバイスを頭に付けたグンカンドリたちは、3,000kmの距離を休みなく飛んでいきました。

    フライトデータレコーダーが回収・分析されると、驚きのデータがとれたのです。
    鳥たちは日中は目覚めていましたが、日が沈むとモードが切り替わっていました。
    積極的に獲物を探すモードから、静かに滑空するだけのモードになり、
    その中で最長数分間の徐波睡眠が確認されたんです。

    解説図:no title


    興味深いことに、徐波睡眠は脳の片側だけでなく、
    両半球に同時に起こることもありました。
    つまり、飛びながら脳全体が熟睡していたんです。
    研究チームでは、グンカンドリは半球睡眠でなくても
    飛ぶことができるのだと結論付けました。

    とはいえ半球睡眠も頻繁に起きていて、
    それはグンカンドリが気流に乗って旋回しているときでした。
    片目を開けて行き先を確認し、
    他の鳥との衝突を避けようとしていたのだと考えられます。

    また、グンカンドリは時々レム睡眠にも入っていました。
    レム睡眠では筋肉の緊張がなくなってしまうので、
    飛んでいる最中に入ったら落ちてしまいそうな気がします。

    でも鳥のレム睡眠は哺乳類のそれとは違い、数秒くらいしか続きません。
    筋肉がゆるむことで鳥の頭は一瞬落ちていたのですが、
    飛び方には影響はありませんでした。

    飛びながら眠れるんだったらずっと寝てるほうが楽じゃないかと思うんですが、
    飛んでいるときのグンカンドリの睡眠時間は1日平均42分と、
    ものすごく短いこともわかりました。
    陸上にいるときは1日12時間も寝ていたので、
    飛んでいるときは相対的に睡眠不足になっているはずです。
    そんな睡眠不足でどうして活動できるのかは、まだわかっていません。

    移動しながら1時間とかしか寝ない日って人間にもたまにありますけど、
    理由が仕事でも遊びでも文化祭でも、かなりつらいですよね。
    それを何カ月も続けて平気でいられる仕組みって何なのか、すごく気になります!

    ギズモード 2016.08.05 12:40
    http://www.gizmodo.jp/2016/08/bird.html


    参照元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470406427/

    カテゴリ:
    タグ:
    1: エルボードロップ(庭)@\(^o^)/ 2016/08/05(金) 13:51:34.48 ID:GxxhU8vm0● BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
    今世界中で人気スマートフォンゲームアプリ『ポケモンGO』。日本ではレアポケモンをゲットしようとプレイヤーが
    公園などに集まり日中夢中になっている。

    先日までは世田谷公園にミニリュウが出ると話題になっていた。このミニリュウは30匹集めると強力なポケモン、
    カイリューに進化することが出来る。

    しかしミニリュウそのものがレアなためカイリューにするには先が長い。しかし世田谷公園にかなりの数が居ると判明し
    数百人規模のプレイヤーが深夜にも関わらず集まっていた。そのミニリュウフィーバーも終わってしまったようだ。
    どうやら周期的にポケモンの居る場所は変わるようで世田谷公園からミニリュウが姿を消してしまった。
    しかし、ほど近い場所にミニリュウの巣があることが判明。世田谷公園から東に進んだ目黒川にミニリュウが大量発生しているのだ。

    (詳しい場所と行き方は記事参照)
    http://gogotsu.com/archives/20405
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470372694/

    カテゴリ:
    タグ:
    1: テキサスクローバーホールド(庭)@\(^o^)/ 2016/08/05(金) 17:22:29.44 ID:Ek+3fhKE0● BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
    『ポケモンGO』を遊ぶ上で必要になってくるのがポケコインというアプリ内通貨。このポケコインは課金するか、
    もしくはジムで勝てば増やすことができず。課金必須のゲームでは無いので地味にポケコインを増やして行っても良いが、
    モンスターボールが急に欲しくなったりふか装置が欲しくなったりと必要に迫られる時がある。

    そんなプレイヤーに対して甘い誘惑でつけ込むサイトが乱立している。「ポケコイン2万円分が貰える」と謳い
    趣向を凝らした手口でユーザーを誘っている。普通の広告としてではなく2chまとめサイト風に作られたサイトに誘導され、
    そこにはいかにもな2ちゃんねるの書き込みが掲載されている。しかしそれは全てでっち上げで実在しない書き込み。
    業者が作り上げたもの。
    まとめサイトの一番下のコメント欄もコメント出来ないようになっており、記事に対するコメントも業者が作り上げたものである。
    まとめサイト風記事の中にはいくつものリンクが貼られており、キャンペーンサイトに誘導を促している。

    その先ではスクラッチキャンペーンが行われておりスクラッチを削り金色を王冠を3つ出すとポケコイン23050個が貰えるというもの。
    実際に削ってみると一等が当たるのだが、もうお気づきの方も多いだろう。実はこれハズレは無く、
    何回やっても一等しか出ないようになっている。
    その先の「受取」と選択すると、メール送信画面(メーラー)に飛ばされる。もちろんこのメールを出してもポケコインなんか
    貰えるはずがない。

    http://gogotsu.com/archives/20430
    no title

    no title

    no title

    no title


    参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470385349/