ドンと来い速報

アニメ・漫画を中心に5chの面白くだらない記事を集めています。辛い事も多い現代社会、是非ドン速でおくつろぎください

デイリー人気記事

雑学・雑談

【長文】ヒグマの怖さを淡々と貼っていく

更新日:

PAK73_kumasannonuigurumi20140531_TP_V
1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:00:47 ID:QZq
北海道は朝の3時半には日が出て明るくなり始める。
ヨガ明宝ヒグマの怖さを淡々とはっていくで!
出店はウィキペディアやで!


参照元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1468004447/#

2: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:02:20 ID:QZq

石狩沼田幌新事件

石狩沼田幌新事件とは、大正12年(1923年)8月21日の深夜から8月24日にかけて、北海道雨竜郡沼田町の幌新地区で発生した、記録されたものとしては日本史上2番目に大きな被害を出した獣害事件。
ヒグマが開拓民の一家や駆除に出向いた猟師を襲い、4名が死亡、3名の重傷者を出した。

 

3: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:04:12 ID:QZq

8月21日
大正12年8月21日、沼田町内の恵比島地区で、太子講の祭りが開催された。
日ごろ娯楽も少ない開拓地ゆえ、余興で上演される浪花節や人情芝居を目当てに、近隣の村落から多くの人々が詰め掛けた。

最初の襲撃
村民を熱狂させた祭りも午後11時半頃にはお開きとなり、幌新地区の支線の沢や本通筋から祭りに参加していた一団も、夜の山道を家路へと急いでいた。
一行が幌新本通りの沢に差し掛かった頃、小用のため50mほど遅れて歩いていた林謙三郎(19)が、突然現れた巨大なヒグマに背後から襲われた。
しかし、まだ若い彼は死力を尽くして暴れ、帯や着物を裂かれながらも何とか脱出に成功する。
そして恐怖に怯むこともなく、前方を歩く一団に急を知らせた。
一方、先回りしたヒグマは一団の先頭部を歩いていた村田幸次郎(15) を撲殺し、幸次郎の兄・由郎(18) に重傷を負わせると、彼を生きたまま土中に埋めた。
そして、幸次郎の遺体を腹部から食い始めた。

 

4: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:06:02 ID:jDA
こわe

 

5: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:06:46 ID:QZq
暗闇の念仏
パニックに陥った一団は、そこから300mほど離れた木造平屋建ての農家・持地乙松宅に逃げ込み、屋根裏や押入れの中に身を隠し、囲炉裏にガンピ(シラカバの皮)を大量にくべて火を強めるなどしてヒグマに立ち向かう手はずを整える。
やがて30分ほど経過した頃、件のヒグマが幸次郎の内臓を食いつつ持地宅に現れ、ガラス窓から屋内を伺い始めた。
家人は座布団や笊などを投げつけて追い払おうとしたところ、ヒグマは玄関に回ろうとする。
村田兄弟の父親・三太郎(54) は入れるまいとして必死になって戸を押さえていたが、ヒグマは戸を三太郎ごと押し倒し、屋内に侵入した。
三太郎は咄嗟にスコップを構えて立ち向かったものの叩き伏せられ、重傷を負った。
ヒグマは囲炉裏で盛んに燃え上がる火を恐れることもなく踏み消し、部屋の隅で恐怖に震えていた母親・ウメ(56)を咥え上げると、そのまま家を出ていこうとする。
三太郎は自らの深手も忘れ、半狂乱になってヒグマをスコップで打ち据えるが、意に介すこともなく向かいの山中へとウメを引きずっていく。
ウメが助けを求める叫び声が2、3度響いた後、かすかな念仏が何度も続けて聞こえてきたが、それも次第に遠ざかり、夜風に吹き消されてしまった。

 

6: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:07:29 ID:QZq
8月22日
妻子を奪われた三太郎はじめ、避難民らは心身ともに苦痛に苛まれ、焦燥に駆られるばかりだった。
しかし銃の備えもない農家ゆえ、屋内に閉じこもってわが身を守る以外に打つ手は無い。
むなしい思いの中で22日の朝がきたところで、事情を知らない村民が持地宅のそばを偶然通りかかった。
屋内の一団は大声で助けを求め、すでにヒグマが去ったことを聞きつけた上で戸外へとまろび出た。
近隣の藪の中で下半身をすべて食われたウメの遺体が見つかり、土中に埋められた由郎も発見。
まだ息があったため由郎は直ぐさま沼田市街の病院に送られたが、結局病院で死亡した。

 

7: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:08:21 ID:QZq

8月23日
山中に消えた狩人

22日のうちに、惨劇は沼田町全域に知れ渡った。
翌23日には、熊撃ち名人として名高い砂澤友太郎をはじめ雨竜村(現在の雨竜町)の伏古集落在住の3人のアイヌの狩人が応援に駆けつけた。
そのうちの1人・長江政太郎(56)は凶悪なヒグマの話を聞きつけて憤慨し、「そのような悪い熊は、ぜひとも自分が仕留めなければならない」と、周囲が止めるのも聞かず単身でヒグマ退治に赴いたものの、山中で数発の銃声を響かせたきり行方知れずとなった。

 

8: ■忍法帖【Lv=1,ひとくいが,Nbq】 2016/07/09(土)04:08:34 ID:ALp
ヒグマと格闘して勝つジジイたまにいるけどほんとすげ

 

9: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:09:48 ID:QZq

ヒグマの最期

24日。在郷軍人、消防団、青年団など総勢300人あまりの応援部隊が幌新地区に到着した。
さらに、幌新、恵比島の集落民のうち60歳未満の男子が残らず出動し、村始まって以来のヒグマ討伐隊が結成された。
ところが、一行が山中に分け入ってまもなく加害ヒグマが現れ、討伐隊の最後尾にいた上野由松(57) が一撃で撲殺された。
ヒグマは折笠徳治にも重傷を負わせ、咆哮を上げつつ別の討伐隊メンバーに襲いかかろうとしたが、現役除隊間もない軍人が咄嗟に放った銃弾が命中。
さらに鉄砲隊が一斉射撃を浴びせたことにより、凶悪なヒグマもついに斃された。
この現場のすぐそばで、23日に行方不明になっていた長江政太郎が、頭部以外をすべて食い尽くされた状態の遺体として発見された。
ヒグマが討ち取られた時点で、村田幸次郎、村田ウメ、長江政太郎、上野由松の計4人が死亡し、村田由郎、林謙三郎、村田三太郎、折笠徳治の4人が重傷を負っていた。
加害クマは、体長2m、体重200kgの雄成獣だった。
解剖の結果、胃からは大きな笊一杯分にも及ぶ人骨と、未消化の人の指が発見された。

 

11: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:10:52 ID:QZq

その後

このヒグマの毛皮は幌新小学校に保存されていたが、昭和42年(1967年)に幌新小学校が廃校になった後は幌新会館に移され、現在では沼田町郷土資料館に展示されている。
また、重傷を負った林謙三郎は、その後一度も山に入らなかったという。
なお、事件の舞台である幌新太刀別川上流部では、その後炭鉱が開発された。
それに伴って山中に2千人以上の人口を有する小都市が生まれ、恵比島駅を基点とする留萠本線の支線・留萠鉄道も開通して大いに栄えた。
しかし昭和40年代の炭鉱閉山と共にゴーストタウンと化し、現在では幌新ダム貯水池の底に沈んでいる。

 

12: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:12:12 ID:QZq

札幌丘珠事件

札幌丘珠事件とは、1878年(明治11年)1月11日から1月18日にかけて北海道石狩国札幌郡札幌村大字丘珠村(現:札幌市東区丘珠町)で発生した、記録されたものとしては日本史上4番目に大きな被害を出した獣害事件。
冬眠から理不尽な形で目を覚まされたヒグマが猟師や開拓民の夫婦を襲い、死者3名、重傷者2名を出した。

 

13: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:12:52 ID:QZq
事件の経緯
石狩国札幌郡札幌村大字丘珠村(現:札幌市東区丘珠町)で起きた獣害事件である。
現在の札幌市は人口200万人弱と東北以北最大の都市であるが、事件当時は和人の定住者が現れてから20年あまり、市街地の整備や農地の開墾は急ピッチで進められていたものの、市域を少し出れば原始そのままの大森林や草原に覆われていた。
人口は、現在の札幌市中心部にあたる「札幌区」で3000人、後に札幌市に組み込まれることになる周辺の農村すべての人口を合計しても、8000人に満たなかった。

 

14: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:13:18 ID:CeM
ヒグマほんとこわいわ
山の近くにすんでなくてほんとよかった

 

15: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:13:46 ID:QZq

第一の事件

1878年(明治11年)1月11日、爾志通(現在の札幌市中央区南2条)在住の猟師・蛭子勝太郎が郊外の円山山中で、冬眠中のヒグマを発見する。
早速狩ろうと試みたものの撃ち損ねてしまい、逆襲を受けた勝太郎は死亡する。
理不尽な形で冬眠を覚まされたヒグマは、飢えて札幌の市街地を駆け抜けたため、17日、札幌警察署警察吏の森長保が指揮を執る駆除隊が急遽編成された。
同日、豊平川の川向こうに当たる平岸村(現:札幌市豊平区平岸)で件のヒグマを発見し、追撃を開始する。
しかしヒグマは月寒村(現:豊平区月寒)、白石村(現:札幌市白石区)と逃走。
再度豊平川に向かうルートを取ったため、駆除隊も雪上に残る足跡を頼りに後を追う。
そして再度豊平川を渡り、雁来(現:札幌市東区東雁来)までは確認したが、猛吹雪のため見失ってしまった。
これらの地は現在でこそ一面の住宅街だが、当時は畑が拓かれ始めたばかりの大森林地帯だった。

 

17: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:15:46 ID:QZq
第二の事件
犠牲になった堺一家の家屋は、俗に「拝み小屋」と呼ばれる形式の簡素な小屋だった
札幌区の北西部・丘珠村(現:札幌市東区丘珠町)。
アイヌ語の「オッカイ・タム・チャラパ」(男が刀を落としたところ)を地名語源とするこの地は後に伏籠川の自然堤防が育んだ良質な土壌を生かしたタマネギ栽培で名を成すことになるが、やはり当時は古木が延々と連なる森林地帯であった。
その中に細々と拝み小屋を結ぶ数百人ほどの村民たちは、その多くが札幌区に売り出す木炭の製造で生計を立てていた。
明治6年ころこの地に入植した堺倉吉も、そのような開拓民の一人であった。
妻・リツと周囲の村民同様に寒風舞い込む拝み小屋の生活に耐えつつ、炭を焼いては札幌区に売り出す生活に勤しむ。
やがて夫妻には待望の長男・留吉が生まれ、貧しい生活にも燭光が灯りつつあった。
17日深夜、円山から白石、そして雁来へと逃走を重ねた件のヒグマが、突如として堺一家の小屋を襲ったのである。
異変を察知して起き出した倉吉は、筵の戸を掲げたところで熊の一撃を受けて昏倒する。
妻・リツは幼い留吉を抱いて咄嗟に逃げ出したものの、後頭部にヒグマの爪を受けてわが子を取り落してしまう。
リツは頭皮をはぎ取られる重傷を受けつつも村民に助けを求めるが、その間にヒグマは雪原に投げ出された留吉を牙に掛けていた。
結果として倉吉と留吉が食い殺され、リツと雇女は重傷を負った。
18日昼、件のヒグマは駆除隊によって付近で発見され、射殺された。
駆除に功のあった佐々木直則、渋谷永貞、武田守約の3人には、日当50銭のほか特別手当として2円が支給された。

 

18: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:18:09 ID:QZq

加害ヒグマはオスの成獣で、体長は1.9mもあった。
警察署の前でしばらく晒し者にしたのち札幌農学校に運び込まれ、教授の指導のもと学生たちの手で解剖された。
札幌農学校の第一期生として同席した大島正健は、晩年の昭和12年(1937年)に口述筆記させた回顧録『クラーク先生とその弟子たち』において、当時を以下のように物語る。

思わぬ材料に恵まれ歓喜の声をあげた学生たちは、ペンハロー指導教授のもとにさっそく解剖実習に取り掛かった。
(中略)教授の目をかすめて二三のものがひそかに一塊の肉を切り取った。そして休憩時間を待ちかねて小使部屋に飛び込んだ。
やがてその肉片が燃えさかる炭火の上にかざされた。そして醤油にひたす者、口に投げ込む者、我も我もと珍しい肉を噛みしめていたが、だれ言うとなく
「熊の肉は臭いなァ、恐ろしく堅いなァ」
という声がほとばしり出た。
定刻になって師の呼ぶ声に一同は何食わぬ顔をして解剖室に集り、手に手にメスをふるって内臓切開に取り掛かったが、
元気のよい学生の一人が、いやにふくらんでいる大きな胃袋を力まかせに切り開いたら、ドロドロと流れ出した内容物、赤子の頭巾がある手がある。
女房の引きむしられた髪の毛がある。悪臭芬々目を覆う惨状に、学生はワーッと叫んで飛びのいた。
そして、土気色になった熊肉党は脱兎のごとく屋外に飛び出し、口に指を差し込み、目を白黒させてこわごわ味わった熊の肉を吐き出した。

なお、解剖担当者の中には、農学校の2期生として入学し当時は1年生だった新渡戸稲造も含まれている。

 

19: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:18:47 ID:AWN
ヒグマといえば三毛別のやつだな

 

20: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:19:23 ID:AfQ
そういえばクマ牧場事件ってヒグマだっけと唐突に思う

 

21: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:19:40 ID:QZq

三毛別羆事件

三毛別羆事件とは、1915年(大正4年)12月9日 - 12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村(現:苫前町)三毛別(現:三渓)六線沢(正式な住所は北海道天塩国苫前郡苫前村大字力昼村三毛別御料農地6号新区画開拓部落六線沢)で発生した、クマの獣害としては記録的な被害を出した事件。
六線沢熊害事件、苫前羆事件、苫前三毛別事件とも呼ばれる。
エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。
事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事件は終息した。

 

23: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:20:56 ID:QZq

事件の経緯

事件の現場となった北海道三毛別六線沢は、日本海の沿岸から内陸へ30kmほど入った地区である。
地名の「三毛別」は、アイヌ語で「川下へ流しだす川」を意味する「サンケ・ペツ」に由来する。
なお、六線沢の住民は東北などから移住してきた人々で、元々住んでいた者はいない。

 

24: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:22:31 ID:z0l
三毛別事件アンビリーバボーか何かで特集あった気がする

 

25: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:23:39 ID:IJJ
猟銃の性能も今と昔では違うだろうし…。

 

26: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:23:58 ID:21W
なんであんな生命体居るんやろな

 

27: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:24:41 ID:QZq

池田家の騒動

1915年(大正4年)11月初旬のある夜明け前、六線沢の池田家に巨大なヒグマが姿を現した。
飼い馬が驚いて暴れたため、その時の被害はわずかなものに留まった。
村は開拓の端緒にかかったばかりの土地でもあり、このような野生動物の襲来は珍しいものではなかったが、主人である池田 富蔵はぬかるみに残った足跡の大きさに懸念を持った。

11月20日、ふたたびヒグマが現れた。
馬への被害を避けようと、富蔵は在所と隣村から谷 喜八と金子 富蔵という2人のマタギを呼び、3人で待ち伏せることにした。

30日、三度現れたヒグマに撃ちかけたが、仕留めるには至らなかった。
その夜、長男・富吉や妻に留守を頼み、次男・亀次郎(当時18歳)を加えた4人で鬼鹿山方向へ続く足跡を追い血痕を確認したものの、地吹雪がひどくなりそれ以上の追撃を断念した。
このマタギは、件のヒグマは「穴持たず」という、何らかの理由により冬眠し損ねたクマであると語った。
さらに足跡の巨大さから「このクマはあまりの巨体のため、自分の身に合う越冬穴を見つけられなかったのではないか」と推測し、「穴持たず」となったクマは非常に凶暴であることを付け加えた。

 

28: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:26:30 ID:QZq

12月9日
太田家の惨劇

秋から冬にかけ、開拓村では収穫した農作物を出荷する様々な作業に追われていた。
三毛別のような僻地では、それらの作業は人力に頼らざるを得ず、男性達の多くは出払っていた。

12月9日の朝、三毛別川上流に居を構える太田家でも、同家に寄宿していた伐採を生業とする長松 要吉(当時59歳 通称オド)が一足早く仕事に向かい、
当主の太田 三郎(当時42歳)も氷橋に用いる桁材を伐り出すため出かけ、三郎の内縁の妻・阿部 マユ(当時34歳)と太田家に預けられていた少年・蓮見 幹雄(当時6歳)の2人が留守に残り、小豆の選別作業をしていた。

同日の昼、要吉が食事のために帰宅すると、土間の囲炉裏端に幹雄がぽつんと座っていた。
ふざけて狸寝入りしているのだろうと思った要吉は、わざと大声で話しかけながら近づき、幹雄の肩に手を掛けてのぞき込んだ。
その時、要吉は幹雄の顔下に付着した血の塊と、何かでえぐられた喉元の傷を見つけ驚愕した。
側頭部には親指大の穴が穿
たれ、すでに幹雄は亡くなっていた。
要吉は恐怖に震えながらマユを呼んだが何の応答もなく、ただ薄暗い奥の居間から異様な臭気が漂うのみであった。
ただならぬ事態を察した要吉は家を飛び出し、下流の架橋現場に走った。

 

29: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:27:36 ID:QZq

駆けつけた村の男性達は、踏み入った太田家の様子に衝撃を受けつつも、これがヒグマの仕業だと知るところとなった。
入口の反対側にあるトウモロコシを干してあった窓は破られ、そこから土間の囲炉裏まで一直線に続くヒグマの足跡が見つかった。
おそらく、トウモロコシを食べようと窓に近づいたヒグマの姿にマユと幹雄が驚いて声を上げ、これがヒグマを刺激したものと思われた。
足跡が続く居間を調べると、くすぶる薪がいくつか転がり、柄が折れた血染めのまさかりがあった。
ぐるりと回るようなヒグマの足跡は部屋の隅に続き、そこは鮮血に濡れていた。
それは、まさかりや燃える薪を振りかざして抵抗しつつ逃げるマユがついに捕まり、攻撃を受けて重傷を負ったことを示していた。
そこからヒグマはマユを引きずりながら、土間を通って窓から屋外に出たらしく、窓枠にはマユのものとおぼしき頭髪が絡みついていた。

要吉が幹雄の死に気づいたとき、土間にはまだ温かい蒸し焼きの馬鈴薯が転がっていたという。
そのことから、事件が起こってからさほど時間は経っていないと思われた。
実は事件直後、三毛別の村人が太田家の窓側を通る農道を馬に乗って通り過ぎていた。
彼は家から森に続く何かを引きずった痕跡と血の線に気づいたが、マタギが獲物を山から下ろし太田家で休んでいるものと思い、その時は特に騒ぎ立てなかった。
このことから、事件は午前10時半頃に起こったと推測された。

 

30: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:28:53 ID:QZq
事件の報に村は大騒動となった。
しかし、12月の北海道は陽が傾くのも早く、幹雄の遺体を居間に安置した頃には午後3時を過ぎ、この日に打てる手は少なかった。
男性達は太田家から500m程下流の明景 安太郎(当時40歳)の家に集まり、善後策を話し合った。
ヒグマ討伐やマユの遺体奪回は翌日にせざるを得ないが、とり急ぎ苫前村役場と古丹別巡査駐在所、そして幹雄の実家である力昼村(現・苫前町力昼)の蓮見家への連絡を取らなければならない。
しかし、通信手段は誰かが直に出向くより他になかった。
太田家の近くに住む男性が使者役に選ばれたが、本人が嫌がったため、代わりに斉藤 石五郎(当時42歳)が引き受けることになった。
太田家よりもさらに上流に家を構える石五郎は、所用にて当主・安太郎が鬼鹿村(現・小平町鬼鹿)へ外出しなければならない明景家に妊娠中の妻・タケ(当時34歳)、三男・巌(当時6歳)、四男・春義(当時3歳)の家族3人を避難させ、要吉も男手として同泊する手はずが取られた。

 

31: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:30:08 ID:QZq

12月10日
捜索

早朝、斉藤石五郎は村を後にした。残る男性達は、ヒグマを討伐してマユの遺体を収容すべく、約30人の捜索隊を結成した。
昨日の足跡を追って森に入った彼らは、150mほど進んだあたりでヒグマと遭遇した。
馬を軽々と越える大きさ、全身黒褐色一色ながら胸のあたりに「袈裟懸け」と呼ばれる白斑を持つヒグマは捜索隊に襲いかかった。
鉄砲を持った5人がなんとか銃口を向けたが、手入れが行き届いていなかったため発砲できたのはたった1丁だけだった。
怒り狂うヒグマに捜索隊は散り散りとなったが、あっけなくヒグマが逃走に転じたため、彼らに被害はなかった。
改めて周囲を捜索した彼らは、トドマツの根元に小枝が重ねられ、血に染まった雪の一画があることに気付いた。
その下にあったのは、黒い足袋を履き、ぶどう色の脚絆が絡まる膝下の脚と、頭蓋の一部しか残されていないマユの遺体だった。

このヒグマは人間の肉の味を覚えた。
マユの遺体を雪に隠そうとしたのは保存食にするための行動だった。

 

32: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:30:37 ID:z0l
熊こわい

 

33: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:31:20 ID:QZq

太田家への再襲

夜になり、幹雄の両親とその知人の3名が到着。
太田家では幹雄とマユの通夜が行われたが、村民はヒグマの襲来におびえ、参列したのは六線沢から3人、三毛別から2人と幹雄の両親とその知人、喪主の太田三郎のあわせて9人だけだった。
幹雄の実母・蓮見 チセ(当時33歳)が酒の酌に回っていた午後8時半頃、大きな音とともに居間の壁が突如崩れ、ヒグマが室内に乱入して来た。
棺桶が打ち返されて遺体が散らばり、恐怖に駆られた会葬者達は梁に上り、野菜置き場や便所に逃れるなどして身を隠そうとする。
混乱の中、ある男性はあろうことか自身の妻を押し倒し、踏み台にして自分だけで梁の上に逃れた。
以来、夫婦の間では喧嘩が絶えず、夫は妻に一生頭が上がらなかったという。

この騒ぎの中でも、気力を絞って石油缶を打ち鳴らしてヒグマを脅す者に勇気づけられ、銃を持ち込んでいた男性が撃ちかけた。
さらに300m程離れた中川孫一宅で食事をしていた50人ほどの男性達が、物音や叫び声を聞いて駆けつけたが、その頃にはヒグマはすでに姿を消していた。
犠牲者が出なかったことに安堵した一同は、いったん明景家に退避しようと下流へ向かった。

 

35: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:33:03 ID:AWN
>>33
ここの夫婦のくだりでいつも笑う

 

36: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)04:33:14 ID:QZq

明景家の惨劇

その頃、明景家には明景安太郎の妻・ヤヨ(当時34歳)、長男・力蔵(当時10歳)、次男・勇次郎(当時8歳)、長女・ヒサノ(当時6歳)、三男・金蔵(当時3歳)、四男・梅吉(当時1歳)の6人と、
斉藤家から避難していたタケ、巌、春義の3人、そして要吉の合計10人(タケの胎児を含めると11人)がいた。
前日の太田家の騒動を受け、避難した女や子供らは火を焚きつつおびえながら過ごしていた。
護衛は近隣に食事に出かけ、さらに太田家へのヒグマ再出没の報を受けて出動していたため、男手として残っていたのは要吉だけで、主人の安太郎は所用で鬼鹿村へ出掛けており不在だった。
太田家から逃れたヒグマは、まさにこの守りのいない状態の明景家に向かっていた。

太田家からヒグマが消えてから20分と経たない午後8時50分頃、ヤヨが背中に梅吉を背負いながら討伐隊の夜食を準備していると、地響きとともに窓を破って黒い塊が侵入して来た。
ヤヨは「誰が何したぁ!」と声を上げたが、返ってくる言葉は無い。
その正体は、見たこともない巨大なヒグマだった。
かぼちゃを煮る囲炉裏の大鍋がひっくり返されて炎は消え、混乱の中でランプなどの灯りも消え、家の中は暗闇となった。

 

次のページへ >

-雑学・雑談
-,

Copyright© ドンと来い速報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.