趣味

    PAK160127375449_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/14(金) 02:25:18.46 ID:If9RSjhV0
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017071302000127.html

    羽生三冠の棋士人生は三十年を超えた。「モチベーションに波があったが、割り切ってやってきた」。
    藤井四段ら有望な若手や、常識を覆す人工知能(AI)の登場で、将棋への情熱が再燃している。
    「藤井さんの活躍を見ると、すごく刺激を受ける。非常に良い影響を与えてもらっている。最近、将棋以外の仕事が多かったが、しばらく将棋に集中したい」

    参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1499966718/
    続きを読む

    PAK160127375449_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:47:20.08 ID:CAP_USER9
    藤井四段止まった 公式戦初黒星 大台30連勝ならず “イケメン棋士”に苦杯

    7/2(日) 21:32配信
     将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が2日、東京・渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメント2回戦に臨み、佐々木勇気五段(22)に敗れ、公式戦初黒星。
    デビューから続いていた、自身の持つ公式戦での連勝記録は29でストップした。

     この日の対局相手の佐々木五段は、羽生善治3冠、渡辺明竜王を公式戦で破っている強豪。
    攻めの鋭さに定評があるほか、スイス生まれの“イケメン棋士”としても話題になっている。
    藤井四段が歴代1位の29連勝を達成した6月26日対局は将棋会館に足を運んで視察、
    「周りの雰囲気には飲まれず、連勝を止める気で臨みます」
    と連勝ストッパーとして自信をのぞかせていた。

     藤井四段はプロ入り前の奨励会三段だった昨年5月、将棋イベントの公開対局で敗れている佐々木五段に対し、中盤までリードを許す展開。
    持ち前の終盤力で打開を図ったが、相手の鋭い攻めの前に盛り返せず、デビュー後初となる投了に追い込まれた。

     6月26日の同トーナメント1回戦では増田康宏四段(19)との10代対決を制し、公式戦新記録となる29連勝を達成。
    日本中が熱視線を送る中、昨年12月の初対局から快進撃を続けてきたが、白星街道はひとまずストップとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000133-spnannex-ent 
      
    参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498999640/
    続きを読む

    PAK160127375449_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 19:50:05.58 ID:6cpnpiDO0
    1中 味噌煮込みうどん (みろく庵)
    2二 珍豚美人 (レストランイレブン)
    3左 胡麻味噌とじうどん(小雀弥)
    4 一 チャーシューメン(ほそ島や)
    5捕  うどん定食 <特製卵かけご飯> (小雀弥)
    6遊 若鳥唐揚定食(みろく庵)
    7右 汁なし坦々麺
    8三  五目やきそば(紫金飯店)
    9投 エビフライ&クリームコロッケの盛り合わせ
    (サービスランチ)

    参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1498042205/
    続きを読む

    PAK160127375449_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 18:53:26.48 ID:CAP_USER9
    藤井聡太四段、歴代1位タイの28連勝!!

    14歳藤井四段 歴代最多タイ28連勝!30年ぶりの偉業

    6/21(水) 16:47配信
     将棋の史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪・関西将棋会館で王将戦1次予選に臨み、澤田真吾六段(25)に勝利。自らの持つデビューからの公式戦連勝記録を28に伸ばし、30年前に神谷広志八段(56)が打ち立てた最多記録に並ぶ偉業を達成した。

     王将戦は8大タイトル戦の1つ。先手は藤井で、戦型は藤井が得意とする角換わりとなった。相手の澤田は、今月2日の棋王戦予選(20連勝目)で苦しめられた若手の強豪だが、序盤から終盤にかけて優勢のまま盤面を運んだ。

     日本将棋連盟の広報担当によると、会館に詰めかけた報道陣は25社80人。15日の名人戦順位戦C級2組、瀬川晶司五段(47)戦で、連勝記録を26とした際の約70人を上回り、1981年の会館完成以来、最多記録を更新した。

     歴代最多連勝は、1986―87年度に神谷五段(当時)が記録した28連勝。次戦は26日の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)と対局する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000131-spnannex-ent 
      
    参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498038806/
    続きを読む

    PAK160127375449_TP_V
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 12:43:04.90 ID:CAP_USER9
     将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が23日にインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=に勝利した。昨年10月のデビュー後、破竹の勢いで勝ち続ける天才少年は、ついに将棋界の象徴にも土を付けた。

     対局は「AbemaTV」が企画した非公式戦「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の最終第7局。日本将棋連盟が主催する7大タイトル戦などの公式戦とは異なるエキシビジョンマッチだが、どんな対局でも全力を尽くすのが将棋界の伝統。藤井は真剣勝負で羽生を負かしてみせた。

     藤井は2002年、愛知県瀬戸市生まれ。5歳で将棋を始め、10歳で棋士養成機関「奨励会」に入会した。16年10月に14歳2か月で四段(棋士)昇段を果たし、現役最高齢棋士の加藤一二三九段(77)が保持していた14歳7か月の最年少記録を62年ぶりに更新。加藤、谷川浩司九段(54)、羽生、渡辺明竜王(32)=棋王=に続く5人目の「中学生棋士」となった。

     昨年10月のデビュー以降、10連勝が過去最長だった「デビュー後連勝記録」を更新し、現在13連勝まで伸ばしている。並行して戦ってきた「炎の七番勝負」では第2局で永瀬拓矢六段(24)に敗れたものの、増田康宏四段(19)、斎藤慎太郎七段(24)、中村太地六段(28)、深浦康市九段(45)、佐藤康光九段(47)=連盟会長=ら各世代を代表する棋士に勝利。通算6勝1敗で締めくくった。

    スポーツ報知 4/23(日) 23:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000258-sph-soci

    1:2017/04/23(日) 23:19:57.62
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492957197/

    参照元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1493005384/
    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 21:38:45.71
    じぇにはら
    @rurue0111フォロー
    ガラス用絵の具で網戸にドット絵描けちゃいます☺︎


      
    no title

    no title

    参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1489667925/
    続きを読む

    このページのトップヘ